名城大学薬学部

名城大学薬学部

文字サイズ
概要

ホーム > 概要 > 名城大学大学院薬学研究科博士課程 自己点検・評価 > アドミッションポリシー

アドミッションポリシー

本薬学研究科博士課程は、人材養成目的、学位授与方針及び教育課程編成方針に沿った教育・研究を行うことにより、臨床薬学の発展に貢献できる人材の養成を目指しています。入学者は、本薬学研究科の人材養成目的等々をよく理解し、自ら勉学・研究に真摯に取り組む学生であることが求められています。
このことから、本薬学研究科のアドミッションポリシーを以下のように定め、入学者選抜の基本とします。

  • ①国民の健康維持・増進に関わる薬学を広い視野から考究できる
  • ②未解決の課題に対して独創性、創造性を持って、論理的に行動できる
  • ③科学的観点に立った問題発見能力、解決能力を磨くことができる
  • ④医療人としての倫理観、人間性を持ち、特定の分野において専門性を磨くことができる
  • ⑤薬剤師として幅広い知識と臨床技能を有し、新しい職能の開拓・発展に貢献できる

以上、5つの能力を有していることが望まれる。

大学院での教育課程に直接つながる6年制学部では、薬学専門教育は1年次後期から3年次にかけて配置しています。
1年次から2年次にかけては基本的な薬学専門分野として化学系・生物系・物理系に分類して科目を配置しています。
3年次は、①「健康と環境」、②「薬と社会」、③「薬と疾患」、④「医薬品をつくる」という薬学教育の4つの大きなテーマに沿って、より専門的かつ発展的な科目を配置しています。
4年次では、臨床系科目「薬物治療学」として、薬学専門科目の統合を図り、5年次の実務実習における臨床教育の基盤を作るとともに、実務実習では、臨床現場から見た薬学専門科目の重要性を再認識させます。
6年次では配属先研究室の専門分野について卒業研究課題を通して、科学的な思考及び薬学研究の進め方についての基礎を学びます。

本薬学研究科博士課程では5つの専修分野を設定しており、これらの専修分野は、学士課程の教育課程における薬学教育の4つの大きなテーマが基礎となっています。
すなわち、

  • ①環境衛生科学分野は「健康と環境」
  • ②医療情報科学分野は「薬と社会」
  • ③病態解析科学分野と④薬物治療科学分野は「薬と疾患」
  • ⑤薬物動態科学分野は「医薬品をつくる」

を発展させたものに相当します。

本薬学研究科薬学専攻博士課程では、各研究分野に関して、十分な研究教育業績と専門性を有する教員により各専修分野が編成されており、薬学部と本薬学研究科の両者に所属することから、それぞれの人材養成目的の関連性・発展性を十分理解した上で、6年制薬学部教育から大学院教育までを、効果的にステップアップさせる体制を整えています。

(自己点検・評価)

本研究科は、薬学のスペシャリストの養成を人材養成目的としていることから、幅広い知識と臨床技能を有した薬剤師であることを求めているが、専門性の高い薬剤師・高度な臨床研究推進者を育成することから、その基盤となる能力を求めている点で評価できる。 また、本研究科の専修分野が学部教育のテーマを発展させたものに相当し、学部教育と大学院教育の連続性が確保されている点も評価できる。

ホームページのリンク先

ページ
トップへ