名城大学薬学部

名城大学薬学部

文字サイズ
概要

ホーム > 概要 > 名城大学大学院薬学研究科博士課程 自己点検・評価 > カリキュラムポリシー

カリキュラムポリシー

本学6年制薬学部教育課程は、薬学の確かな知識、技術、豊かな人間性、倫理観をもち、社会の様々な分野で広く人々の健康と福祉の向上に貢献できる人材、すなわちジェネラリストとしての薬剤師の養成を目的とします。
本薬学研究科博士課程の研究教育目標及び人材養成目的を達成し、独創的で創造的な高い研究力及び高度な専門性と技術・指導力を兼ね備えた薬学のスペシャリストを養成するためには、より高い専門性及び研究力のみならず、倫理性、職能開拓力、情報発信力などが必要となります。そこで次の5点を教育課程編成方針として掲げています。

  • ①常に進取の精神をもって新しい研究分野ならびに薬剤師の職能を開拓できる能力の養成
  • ②医療現場での体験に基づき、強い責任感と高い倫理性をもって臨床研究を推進できる能力の養成
  • ③科学的観点に立って物事の本質を洞察し、問題を発見・解決できる能力の養成
  • ④先端的な専門知識と高度な技能を備え、独創的研究を企画・遂行できる能力の養成
  • ⑤研究成果を客観的に評価し、人類の健康維持・増進のための情報として発信できる能力の養成

(自己点検・評価)

本研究科は、薬学のスペシャリストの養成を人材養成目的としていることから、薬剤師としての能力養成のみならず、高度な臨床研究を推進できる能力養成も謳っている点は評価できる。
また、アドミッションポリシーとカリキュラムポリシーが関連しており、人材養成目的に沿った一貫した教育・研究体制を構築する姿勢が伺える点でも評価できる。

ホームページのリンク先

ページ
トップへ