名城大学薬学部

名城大学薬学部

文字サイズ
概要

ホーム > 概要 > 名城大学大学院薬学研究科博士課程 自己点検・評価 > カリキュラムの内容

カリキュラムの内容

教育方法の基本は、自立した薬学研究者として社会で活躍できる能力、資質、姿勢、素養を身につけることであり、特論科目をはじめ、それぞれの授業科目においては、当該学生の指導教員だけではなく、複数の教員による教育研究指導体制を基軸とした教育方法により行います。授業科目の履修に際しては、学生は指導教員と相談して、学修計画を立て、学生が志向する将来の進路に最適と考えられる授業科目の選択、研究指導の進め方等について確認した上で、履修を行うことになります。

本研究科における教育課程は、専門科目と関連科目に区分し、専門科目には、学生の学位論文作成に係わる専修科目として「特論」科目と、学生が4年間にわたり学位論文作成のために行う実験・実習及び研究指導を行う「特殊研究」科目(Ⅰ~Ⅳ)を配置して、これを一つの専修分野として構成します。

本研究科では、

  • ①食品をはじめとして化学物質や環境が生体に及ぼす影響を扱う環境衛生科学分野
  • ②医薬品の副作用や経済性などを含め医療行為全般の問題点を扱う医療情報科学分野
  • ③病態を理解し疾病の内的外的要因を明らかにする病態解析科学分野
  • ④医薬品の有効性・安全性を疫学的・科学的に実証・解明する薬物治療科学分野
  • ⑤薬物の体内動態を理解し、DDSの開発研究を進める薬物動態科学分野

5専修分野において、博士課程にふさわしい高度な薬学教育研究を展開します。
各専修分野には、1つの特論を開講しますが、指導教員が所属する専修分野の特論(主専修科目という)及び、他の専修分野から2科目以上(関連科目を含む)の特論を選択履修し、合計3科目、10単位以上を履修し修得することとします。特論は、毎年前期に2科目ずつ開講され、3年次前期までに10単位以上を履修することができるように設計されています。特論は、毎週土曜日の午前(1・2時限)、午後(3・4時限)に各特論科目1科目(4単位)を開講します。各専修分野の特殊研究Ⅰ~Ⅳ(各5単位)は、実験・実習から構成されており、毎週月曜日から土曜日に開講し、集中力を高めながら、学位論文の作成に結び付く成果をあげられるように配慮した環境整備を行い、進めるものとします。

関連科目(各2単位)としては、臨床現場での最新の研究成果の習得や高度医療の現場で研纘を積む機会を提供する6ヶ月間の「臨床薬学研修」、臨床現場において外国人患者とスムーズにコミュニケーションができように専門的な医療英語を修得するための「医療英語特論」、先進的な臨床薬学教育が展開されている米国協定大学薬学研究科での2週間の「海外臨床研修」を設定しています。

特論科目・関連科目については、いずれの科目においても複数の教員によるオムニバス形式を採用しており、異なる研究分野のアプローチにより専修分野の学術的内容を総合的に教授することとしております。高い研究能力を有する薬剤師になるためには多様な知識や情報が求められる一方で、研究分野を深化させる必要があります。オムニバス形式による特論は、専修分野を構成する多様な研究分野からの刺激によって発想の転換を導き、従来とは異なるアプローチを見出すためにも効果的であり、これを基軸とした教育方法を展開していくことで本薬学研究科の人材養成目的にかなう薬学のスペシャリストを養成します。この教育方法については、特論科目だけではなく、特殊研究においても指導教員を軸とする責任体制は明確にしますが、関連周辺領域に関与する他領域の教員の協力も得ることは、高度な研究においては必須と考えており、特論・関連科目と同様に副指導教員1名を配置し、取り組みます。

平成24年度に迎えた9名の学生の博士論文の研究テーマ(予定)は以下のとおりです。

  • 向精神薬による代謝異常に関する研究/実務実習の効果的な指導法の開発
  • 統合失調症の発症脆弱因子の探索と治療薬の評価
  • 薬局薬剤師によるアルツハイマー型認知症患者とその家族におけるQOL評価に関わる研究
  • UDP-グルクロン酸転移酵素の脳内発現に関する研究
  • 非結核性抗酸菌の分子疫学的研究と予防及び治療への応用
  • 保存安定性に優れた遺伝子吸入剤の開発
  • 吸入パターンに非依存的な吸入粉末剤の開発と評価
  • 気液界面細胞培養系を応用した吸入用粉末微粒子からの薬物吸収特性評価
  • 古代インドの薬学

(自己点検・評価)

特論科目・特殊研究科目とも、複数の教員により一人の学生を育てあげるカリキュラムとなっている。特殊研究については、指導教員・副指導教員による日常的な指導に加え、年度末の研究成果発表会などを通して多くの教員の指導を受けることができる。また、国内外の連携施設の協力により、充実した臨床教育プログラムが組まれており、評価できる。
本薬学研究科博士課程では、非薬学系出身者(医学・歯学・獣医学部出身者及び薬科学系大学院・理系大学院修了者等)に対しても門戸を開放しているので、平成25年度から、これらからの入学者に対応するために医療薬学のペースとなる授業科目「基礎薬学特論」を1年時に開講して、本大学院薬学研究科博士課程の教育課程を理解させるべく対応する予定としている。また、平成25年度から多職種連携がん専門薬剤師養成コースを開設するなど、教育の充実を進めている点も評価できる。

ページ
トップへ