名城大学薬学部

名城大学薬学部

文字サイズ
概要

ホーム > 概要 > 名城大学大学院薬学研究科博士課程 自己点検・評価 > ディプロマポリシー

ディプロマポリシー

本薬学研究科における学位授与方針については、本薬学研究科が掲げる人材養成目的「薬学領域における学術高度化に貢献し、国民の健康維持・増進と医療の発展をより一層推進するとともに、新しい職能開拓に寄与できる、独創的で創造的な高い研究力及び高度な専門性と技術・指導力を兼ね備えた薬学のスペシャリストの養成」を具現化するために、身に付けるべき能力、資質、姿勢を総合的に勘案し、一人の自立した研究者として社会で活躍できる能力証明として、次の3点を基軸に学位授与方針を定めます。

薬学研究科博士課程において、4年以上在学し、修了に必要な30単位以上を修得した上で、所定の博士論文の審査に合格し、

  • ①薬剤師として、高度な専門性と技術・指導力を備え、新しい職能開拓・発展に指導的に貢献できる
  • ②医療に携わる研究者・薬剤師として、独創的で創造的な臨床研究により医療の発展に貢献できる
  • ③薬学研究者として、人類の健康維持・増進のために薬学領域における学術の高度化に貢献できる

能力を身につけた学生に対して、博士(薬学)の学位を授与します。
薬学部出身者以外の卒業生については、上記②もしくは③を基軸に学位授与方針を定めます。

(自己点検・評価)

本研究科は6年制薬学部卒業生の入学が主であると考えているが、薬剤師免許を持たない学生、他学部・他研究科卒業生の入学も想定している。しかし、学生の背景は尊重しつつ、本研究科の人材養成目的を十分理解させたうえで、独創的で創造的な高い研究力及び高度な専門性と技術・指導力を兼ね備えた薬学のスペシャリストを養成するという一貫した姿勢が伺え、評価できる。
薬剤師免許を持つ学生は、臨床に精通した薬学研究者や、チーム医療を実践でき職能開拓・発展に指導的に貢献できる臨床薬剤師として、薬剤師免許を持たない学生は、医薬品の研究開発・大学における研究者として活躍できると期待できる。

ホームページのリンク先

ページ
トップへ