名城大学薬学部

名城大学薬学部

文字サイズ
概要

ホーム > 概要 > 名城大学大学院薬学研究科博士課程 自己点検・評価 > 理念とミッション

理念とミッション

薬学教育は、薬学という幅広い分野の中で基礎研究を出発点として発展してきた背景もあり、基礎薬学・創薬科学及び生命科学を中心とした教育課程で構成されてきました。本薬学研究科では、このような過去の経緯を踏まえながら、医療の一端を担いつつ、新たな薬剤師職能を開拓できる薬剤師養成を目的として、臨床薬学教育を充実し、生命科学を基礎に持つ研究者・教育者・医療人たる臨床薬剤師等の人材を輩出してきました。

平成18年には、医療技術の進展、医薬品の適正使用の必要性等の社会的要請から6年制薬学教育が導入され、医療人として質の高い薬剤師養成が求められるようになりました。本薬学部では、こうした社会的要請に応えるために、薬学・医療に関する専門知識や医療現場で必要とされる知識・技能・態度、チーム医療に必要なコミュニケーション能力等を兼ね備えた薬剤師の育成教育を行っています。

6年間の薬学部教育では、薬学の確かな知識、技術、豊かな人間性、倫理観をもち、社会の様々な分野で広く人々の健康と福祉の向上に貢献できる人材、すなわちジェネラリストとしての薬剤師の養成が第一の目的となりますが、本薬学研究科では、この6年制薬学教育課程の成果に立脚し、進歩し続ける医療に基礎薬学と臨床薬学の両面から対応できる、一段と高度な教育研究を実践するものであります。これにより、薬学領域における学術高度化に貢献し、国民の健康維持・増進と医療の発展をより一層推進するとともに、新しい職能開拓に寄与できる、独創的で創造的な高い研究力及び高度な専門性と技術・指導力を兼ね備えた薬学のスペシャリストの養成を人材養成目的として掲げることとしました。この人材養成目的は、薬学系人材養成の在り方に関する検討会から提言されている4年制博士課程の主たる目的に照らし合わせ、相応しいものと自負しています。

薬学研究科薬学専攻博士課程設置においては、「大学院に求められる人材養成機能」の中で、特に、①創造性豊かなすぐれた研究・開発能力を持つ研究者等の養成、②高度な専門的知識・能力を持つ高度専門職業人の養成、③確かな教育能力と研究能力を兼ね備えた大学教員の養成に重点を置き、教育研究を推進していきます。

(自己点検・評価)

6年制薬学部教育においては医療人として質の高い薬剤師の養成を主目的としており、その上に設置される薬学研究科には、医療の現場における臨床的な課題を対象とする研究領域を中心とした高度な専門性や優れた研究能力を有する薬剤師等の養成に重点をおいた臨床薬学・医療薬学に関する教育研究を行うことが設置目的とされている(薬学系人材養成の在り方に関する検討会第一次報告:平成21年3月23日)。本研究科の理念とミッションは、この設置目的に照らし合わせても相応しており、評価できる。

ページ
トップへ