名城大学薬学部

名城大学薬学部

文字サイズ
キャンパス紹介

ホーム > 研究活動 > 主な研究テーマ > 物理・薬剤系

物理・薬剤系

くすりの有効性は、その薬理効果のみでは決まりません。服用後、体内に吸収され、目的とする臓器に適切なタイミングで適切な濃度の薬物が送達されて始めて有効性を発揮します。薬学部では、薬により体内動態にどのような特徴があるのか、また、病態時や環境の変化により体内動態がどう変化するかを理論的に解析し、薬の有効な投与設計に役立てています。

また、溶けにくい薬物を溶けやすくする製剤設計や、製造工程の科学的な解析を多くの企業と共同ですすめています。さらに,たん白質や遺伝子のようにこれまでは注射するしかなかった薬を吸入剤化したり、抗体を用いて薬物の機能を向上させるなど、新規ドラッグデリバリーシステムの開発にも積極的に取り組んでいます。

研究テーマ

  • 薬物体内動態を指標とした疾患時における各種臓器での物質輸送の検討
  • 薬物代謝酵素の活性評価とその薬物治療への応用:薬剤による薬物代謝酵素の誘導発現と遺伝子
  • インスリン微粒子製剤の吸引特性および安全性の評価
  • インターフェロン遺伝子微粒子製剤の吸入による肺がん治療効果の評価
  • 医薬分野におけるショ糖脂肪酸エステルの滑沢剤としての適用とその評価
  • 医薬品データベースの応用による副作用の防止

ページ
トップへ