研究業績

2017年度

学会報告

Otto Kauko, Susumu Imanishi, Evgeny Kulesskiy, Teemu D. Laajala, Laxmana Yetukuri, Artur Padzik, Mikael Jumppanen, Pekka Haapaniemi, Bhagwan Yadaw, Veronika Suni, Taru Varila, Garry Corthals, Wennerberg Krister, Tero Aittokallio, Jukka Westermarck
Systemic map of protein phosphatase 2A (PP2A)-regulated phosphotargets and drug responses in cancer cells
AACR annual meeting 2017(Washington D.C., USA)平成 29 年 4 月 5 日

高井彩乃、坪坂朋哉、谷 郁孝、岩城圭一郎、Veronika Suni、今西 進
リン酸化プロテオーム解析法SimSpectraSTにおける検索条件の最適化
第65回質量分析総合討論会(つくば)平成 29 年 5 月 17 日

川原聖也、酒井麻衣、岩城圭一郎、谷 郁孝、水野智博、清水美衣、原田健一、今西 進
血栓症研究に向けたプロテオーム解析法の検討
第65回質量分析総合討論会(つくば)平成 29 年 5 月 18 日

赤堀聡子、中山卓真、明壁博彦、原田健一、今西 進
MALDI Biotyperを用いたラン藻類の分類と毒素の検出
第65回質量分析総合討論会(つくば)平成 29 年 5 月 18 日

Tomoya Tsubosaka, Ayano Takai, Satoko Akahori, Seiya Kawahara, Veronika Suni, Susumu Y. Imanishi
Optimization of SimSpectraST search conditions for phosphoproteomics
65th ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics(Indianapolis, USA)平成 29 年 6 月 8 日

山下竜司、Bober Beata、有井鈴江、冨田浩嗣、辻 清美、原田健一
Microcystis属ラン藻の生活環 -細胞密度をどのように感知するか-
第12回化学生態学研究会(函館)平成 29 年 6 月 23 日

Anas, ARJ, Suzuki, H, Imanishi, SY, Harada, K-I, Sawada, M
LC-MS/MS for neural catecholamines, drugs and TSPO ligands in API4000
RACI National Centenary Congress(Melbourne, Australia)平成 29 年 7 月 26 日

酒井香奈江、原 康雅、石橋正己、酒井麻衣、川原聖也、今西 進、原田健一、五ノ井透
遺伝子組み換え技術を用いたnocardithiocion誘導体の作製とその性質について
環境微生物系学会合同大会2017(仙台)平成 29 年 8 月 29 日

栗木玲子、アナスアンドレア、 疋田清美、立松三千子、今西 進、原田健一、金田典雄
経口抗がん剤S-1の各成分のLC-MS/MSによる分析法の検討
第42回日本医用マススペクトル学会年会(東京)平成 29 年 9 月 14 日

Ken-ichi Harada, Andrea Roxanne J. Anas, Hiromi Suzuki, Susumu Y. Imanishi, Makoto Sawada
Single LC-MS/MS Analysis for Neural Catecholamines, Translocator Protein (TSPO) Ligands, related drugs and metabolites using API4000
第42回日本医用マススペクトル学会年会(東京)平成 29 年 9 月 14 日

原田健一、川原聖也、酒井麻衣、岩城圭一郎、谷 郁孝、水野智博、清水美衣、今西 進
SWATH法を用いたDICモデルマウスのプロテオーム解析
第42回日本医用マススペクトル学会年会(東京)平成 29 年 9 月 14 日

原田健一、金 海燕、川島湖都美、平柳里奈、Andrea R. J. ANAS、辻 清美
LC/MSを用いた淡水由来微生物B-9 株の機能に関する研究〜新たな加水分解酵素の存在〜
第42回日本医用マススペクトル学会年会(東京)平成 29 年 9 月 15 日

原田健一、赤堀聡子、中山卓真、明壁博彦、今西 進
MALDI Biotyperを用いたラン藻類の分類と毒素の検出
第42回日本医用マススペクトル学会年会(東京)平成 29 年 9 月 15 日

山下竜司、有井鈴江、辻 清美、 冨田浩嗣、原田健一
高密度化された津久井湖・相模湖ラン藻におけるVOC産生と青色化を伴う溶藻現象
日本陸水学会第82回大会(仙北)平成 29 年 9 月 30 日

金海燕、平柳里奈、川島湖都美、Andrea R. J. ANAS、辻 清美、原田健一
Microcystin分解性細菌B-9株における新たな加水分解酵素MlrEおよびアミノ酸輸送担体
日本陸水学会第82回大会(仙北)平成 29 年 9 月 30 日


<講演>
原田健一
名城大学第19回FDフォーラム:「大学教養」で何を学ぶか(名古屋)平成 29 年 11 月 9 日

原著論文

谷 郁孝、岩城 圭一郎、今西 進
TripleTOF 6600を用いたnanoLC-MS/MS測定の条件検討 —α-カゼイン消化物の分析—
名城大学総合研究所総合学術研究論文集, 16, 11-18 (2017)

Katsuhiro Shiono, Riho Hashizaki, Toyofumi Nakanishi, Tatsuko Sakai, Takushi Yamamoto, Koretsugu Ogata, Ken-ichi Harada, Hajime Ohtani, Hajime Katano, Shu Taira
Multi-imaging of cytokinin and abscisic acid on the roots of rice (Oryza sativa) using matrix-assisted laser desorption/ionization mass spectrometry
J. Agric. Food Chem. 65, 7624-7628 (2017)

Josef Gullmets, Elin Torvaldson, Julia Lindqvist, Susumu Y. Imanishi, Pekka Taimen, Annika Meinander, John E. Eriksson
Internal epithelia in Drosophila display rudimentary competence to form cytoplasmic networks of transgenic human vimentin
FASEB J. (Epub ahead of print) DOI:10.1096/fj.201700332R

Andrea Roxanne J. Anas, Akane Mori, Mineka Tone, Chiaki Naruse, Anna Nakajima, Hirohiko Asukabe, Yoshiaki Takaya, Susumu Y. Imanishi, Tomoyasu Nishizawa, Makoto Shirai, Ken-ichi Harada
FVIIa-sTF and thrombin inhibitory activities of compounds isolated from Microcystis aeruginosa K-139
Mar. Drugs 15, 275 (2017)


<大学紀要>
原田 健一、森 茜、Andrea R. J. Anas、今西 進
有毒ラン藻(Microcystis aeruginosa K-139)由来FⅦa-sTF阻害化合物
名城大学総合研究所紀要, 22, 177-180 (2017)

今西 進、酒井 麻衣、谷 郁孝、清水 美衣、原田 健一
血栓症研究に向けたプロテオーム解析法の検討
名城大学総合研究所紀要, 22, 273-276 (2017)

ページトップへ