研究業績

2019年度

学会報告

Ryuji Yamashita, Keisuke Kanei, Eri Yamauchi, Koji Tomita, Kiyomi Tsuji, Ken-ichi Harada
How is β-cyclocitral formed in SPME GC/MS of a cyanobacterium?
67th ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics(Atlanta, USA)令和元年 6 月 3 日

Amon Suzuki, Yasuhiro Hirano, Mina Kawamura, Akihiro Ishizu, Susumu Y. Imanishi
Quantitative proteomics of tuberculosis lung FFPE tissue by SWATH analysis
67th ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics(Atlanta, USA)令和元年 6 月 3 日

Hinano Tasaki, Mina Kawamura, Seiya Kawahara, Fumihiko Nagano, Ayaka Goto, Kei-ichiro Iwaki, Mai Sakai, Fumitaka Tani, Mie Shimizu, Tomohiro Mizuno, Ken-ichi Harada, Susumu Y. Imanishi
Quantitative proteomics of lethal thrombosis model mice and vascular endothelial cells by SWATH analysis
67th ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics(Atlanta, USA)令和元年 6 月 6 日

上野絵満*、赤堀聡子、中山卓真、今井大貴、山下竜司、明壁博彦、原田健一、今西 進
MALDI Biotyperを用いたラン藻類分類法の開発
第65回日本薬学会東海支部大会(名古屋)令和元年 7 月 6 日
(*学生優秀発表賞)

河村美奈*、田崎ひなの、川原聖也、酒井麻衣、長野文彦、岩城圭一郎、谷 郁孝、後藤彩花、水野智博、清水美衣、原田健一、今西 進
SWATH測定による致死性血栓症モデルマウスの定量プロテオミクス
第65回日本薬学会東海支部大会(名古屋)令和元年 7 月 6 日
(*学生優秀発表賞)

角田千佳、吉見 陽、岩城圭一郎、後藤彩花、内田美月、伊藤貴博、長谷川章、北垣伸治、尾崎紀夫、今西 進、野田幸裕
統合失調症様モデルマウスにおけるクロザピン反応性タンパク質の同定
第65回日本薬学会東海支部大会(名古屋)令和元年 7 月 6 日

山下竜司、兼井啓介、辻 清美、冨田浩嗣、原田健一
Microcystis ラン藻由来の揮発性有機化合物の分析:SPME GC/MS でのみ分析された β-cyclocitral の産生機構
第44回日本医用マススペクトル学会年会(名古屋)令和元年 9 月 13 日

今井大貴、上野絵満、明壁博彦、山下竜司、原田健一、今西 進
野生ラン藻分類同定におけるMALDI Biotyper測定条件の検討
日本薬学会第140年会(京都)令和 2 年 3 月 26 日

山下竜司、佐藤千奈、阿部悠希、佐藤巧望、原田健一
ラン藻の制御に関する研究(XXXXX) β-Carotene由来β-cyclocitralおよび関連化合物の一斉分析(1)
日本薬学会第140年会(京都)令和 2 年 3 月 26 日

山下竜司、佐藤巧望、阿部悠希、佐藤千奈、原田健一
ラン藻の制御に関する研究(XXXXIIII) DNPHを用いたβ-cyclocitral及び関連化合物の一斉分析法の最適化
日本薬学会第140年会(京都)令和 2 年 3 月 26 日

渡邊祥平、金 海燕、植野花耶、Andrea Anas、辻 清美、原田健一
淡水由来微生物B-9株に関する研究(11) 新たな加水分解酵素MlrEの機能解明(II)
日本薬学会第140年会(京都)令和 2 年 3 月 26 日

早川直希、平野裕大、高井彩乃、岩城圭一郎、Suni Veronika、今西 進
リン酸化シミュレーションソフトウェアSimPhosphoを用いたリン酸化部位特異的SWATHデータ解析法の検討
日本薬学会第140年会(京都)令和 2 年 3 月 27 日

長谷川紗希、Yuan-Chen Tsai、後藤彩花、平野裕大、Tyagarajan Shiva、今西 進
PRMによるシナプス後部タンパク質ゲフィリンの日内リン酸化変動解析
日本薬学会第140年会(京都)令和 2 年 3 月 28 日

星野真輝、上野絵満、山下竜司、舘 昌彦、原田健一、今西 進
DARTオービトラップ型質量分析計Exactive Plusによる有機化合物測定条件の検討
日本薬学会第140年会(京都)令和 2 年 3 月 28 日

原著論文

Ayano Takai, Tomoya Tsubosaka, Yasuhiro Hirano, Naoki Hayakawa, Fumitaka Tani, Pekka Haapaniemi, Veronika Suni, Susumu Y. Imanishi
Optimization of TripleTOF spectral simulation and library searching for confident localization of phosphorylation sites
PLoS ONE, 14, e0225885 (2019)

Ryuji Yamashita, Beata Bober, Keisuke Kanei, Suzue Arii, Kiyomi Tsuji, Ken-ichi Harada
Analytical technique optimization on the detection of β-cyclocitral in Microcystis species
Molecules, 25, 832 (2020)

Kanae Sakai, Yasumasa Hara, Masami Ishibashi, Mai Sakai, Seiya Kawahara, Susumu Imanishi, Kenichi Harada, Yasutaka Hoshino, Hisayuki Komaki, Akira Mukai, Tohru Gonoi
Characterization of nocardithiocin derivatives produced by amino acid substitution of precursor peptide notG
International Journal of Peptide Research and Therapeutics, 26, 281-290 (2020)

Otto Kauko, Susumu Y. Imanishi, Evgeny Kulesskiy, Laxman Yetukuri, Teemu Daniel Laajala, Mukund Sharma, Karolina Pavic, Anna Aakula, Christian Rupp, Mikael Jumppanen, Pekka Haapaniemi, Luyao Ruan, Bhagwan Yadav, Veronika Suni, Taru Varila, Garry L. Corthals, Jüri Reimand, Krister Wennerberg, Tero Aittokallio, Jukka Westermarck
Phosphoproteome and drug-response effects mediated by the three protein phosphatase 2A inhibitor proteins CIP2A, SET, and PME-1
Journal of Biological Chemistry, 295, 4194-4211 (2020)


<大学紀要>
吉見 陽、角田千佳、岩城圭一郎、後藤彩花、北垣伸治、尾崎紀夫、今西 進、野田幸裕
統合失調症モデルマウスにおけるクロザピン反応性タンパク質の探索的研究
名城大学総合研究所紀要, 24, 186-188(2019)


<新聞記事>
原田健一
湖の嫌われ者が生み出す夢の止血薬 有毒ラン藻から新たな抗凝固薬
中部経済新聞 令和元年 5 月 8日

ページトップへ