研究紹介

研究概要

製剤学とは、薬物の治療効果を最大限に高め、かつ副作用を最小限に抑えるため、患者さんに最適な投与方法や投与形態を提供する、薬のかたち(製剤)を設計する学問です。適切な薬物治療には、患者さんが治療に積極的に参加し、薬を正しく服用することが必要です。しかし、薬の服用しにくさ(例えば、1回の服用量が多い、1日の服用回数が多い、薬の味が悪いなど)は、患者さんの薬の服用意欲を低下させ、薬物治療の大きな障害となります。本研究室では、患者さんに優しい(服用しやすい)製剤を設計することを目的として研究にに取り組んでいます。

研究項目

<薬物ナノ結晶の創製と医薬品への応用>

・アイスビーズを用いた湿式ナノ粉砕法の確立
・ナノ粒子に再分散可能なドライナノサスペンションの設計
・液体窒素を用いた超低温粉砕法の確立と応用

<機能性微粒子の新規製造技術の開発>

・機械的処理による医薬品薬物の球形結晶の設計
・乾式複合化コーティング法による放出制御微粒子の開発
・3流体式噴霧乾燥法によるマイクロカプセル化技術の確立

<圧縮成形による新規製剤の開発>

・易溶解性粉ミルク錠剤の開発
・OD用賦形剤としての新規コーンスターチの開発

研究詳細

ページトップへ