名城大学薬学部

名城大学薬学部

文字サイズ
キャンパス紹介

ホーム > 研究活動 > 主な研究テーマ > 化学系

化学系

化学系の研究室では有機化学を基盤として医薬品創製のためのシーズ分子となる生理活性化合物の探索や機能性化合物の創製を目指して、複雑な有機化合物の構造、反応、合成研究を行っています。

天然資源を素材とする研究分野では、ミカン科やオトギリソウ科などの植物資源から新規抗がん作用物質の発見、その化学構造の解明、生物活性評価、さらに環境問題重視の観点からブドウ“巨峰”の樹皮、琉球酒“泡盛”の酒滓などの残廃物や野菜を研究素材とする生理活性物質の探索研究に取り組んでいます。

反応・合成分野では、抗ウイルス薬を目指した新規核酸類縁体C-ヌクレオシドや関連する複素環化合物の合成、抗マラリア薬の合成と評価、渦鞭毛藻が産生するポリ環状エーテル構造を持つ海洋天然毒の合成、生物発光関連物質の合成研究などを展開しています。さらに、それらの合成を完成するための新しい選択的反応や不斉触媒反応を開発することも大きな目標となっています。生物有機化学分野では、がん細胞を標的とした機能性人工抗体やDNAに関する研究が行われています。

研究テーマ

  • 生理活性物質による新規向精神薬の創製
  • プロドラッグを活性化する抗体酵素の開発とその高機能化戦略による新規薬物療法への展開
  • 植物資源から新規発ガン抑制シーズ分子の探索
  • 農産資源廃棄物に含まれる成分を基にした生物活性物質の創製
  • ムール貝下痢性貝毒アドリアトキシンの合成研究
  • 生物活性物質の新しい合成法の開発
  • キノリンC-ヌクレオシドからインドールC-ヌクレオシドへの環変換合成法
  • 熱帯産植物が含有する抗菌物質(MRSA)および抗ウイルス活性物質(HIV-1)の検索

ページ
トップへ