研究業績

2018年

学会報告

1. [2.2]パラシクロファン骨格を有する面不斉ホスフィン触媒を用いた[3+2]型環化反応 ◯北垣伸治、中村顕斗、川端千晴、舛中荘太、寺本英樹、辻真由香、吉田絵巳香、鷲野友亮、稲野真衣、武永尚子、吉田圭佑
第113回有機合成シンポジウム (名古屋大学) 

2. 天然物の全合成および医薬品合成を志向する有機触媒反応の開発 〇吉田圭佑
第178回薬学談話会(招待講演) 2018年6月22日(名市大薬)

3. ⾯不⻫ビスチオウレア分⼦が触媒する不⻫Henry 反応における基質適⽤範囲の拡⼤検討
〇服部友美、鈴⽊晶絵、⼩園友明、武永尚⼦、吉⽥圭佑、北垣伸治
第64回日本薬学会東海支部大会 2018年6月30日(金城学院大)

原著論文

1. Shinji Kitagaki, Kento Nakamura, Chiharu Kawabata, Asuna Ishikawa, Naoko Takenaga, Keisuke Yoshida,
Enantioselective [3+2] Annulations of Allenoates and N-Tosylimines Catalyzed by Planar Chiral [2.2]Paracyclophane-based Phosphine-phenols
Org. Biomol. Chem.,16,1770–1778(2018)

2. Ken-ichi Takao, Kento Mori, Kenya Kasuga, Ryuki Nanamiya, Ayumi Namba, Yuuki Fukushima, Ryuichi Nemoto, Takuma Mogi, Hiroyuki Yasui, Akihiro Ogura, Keisuke Yoshida, and Kin-ichi Tadano,
Total synthesis of Clavilactones
The Journal of Organic Chemistry, 83, 7060-7075, (2018)

ページトップへ