研究業績

2018年

学会報告

1. [2.2]パラシクロファン骨格を有する面不斉ホスフィン触媒を用いた[3+2]型環化反応 ◯北垣伸治、中村顕斗、川端千晴、舛中荘太、寺本英樹、辻真由香、吉田絵巳香、鷲野友亮、稲野真衣、武永尚子、吉田圭佑
第113回有機合成シンポジウム (名古屋大学) 

2. 天然物の全合成および医薬品合成を志向する有機触媒反応の開発 〇吉田圭佑
第178回薬学談話会(招待講演) 2018年6月22日(名市大薬)

3. ⾯不⻫ビスチオウレア分⼦が触媒する不⻫Henry 反応における基質適⽤範囲の拡⼤検討
〇服部友美、鈴⽊晶絵、⼩園友明、武永尚⼦、吉⽥圭佑、北垣伸治
第64回日本薬学会東海支部大会 2018年6月30日(金城学院大)

4. エナンチオ選択的分子内Friedel-Crafts 型1,4-付加反応を利用する(-)-ミスラミンの全合成
吉田圭佑1・○深見有理1・藤野雄太2・高松悠正2・松井康平2・日高愛梨沙1・北垣伸治1・高尾賢一2 (1 名城大薬・2 慶大理工)
第48回複素環化学討論会 2018年9月4日(長崎ブリックホール)

5. Enantioselective Total synthesis of (-)-Misramine
吉田圭佑(招待講演) 
ICPAC LANGKAWI 2018: 2018年10月30日(ランカウイ・マレーシア)

6. [2.2] パラシクロファン骨格を有する面不斉ホスフィン- フェノール触媒: アレンとメチレンインドリノンの[3+2] 環化反応への適用
吉田圭佑,舛中荘太,吉田絵巳香,○鷲野友亮,稲野真衣,武永尚子,北垣伸治
第44回反応と合成の進歩シンポジウム 2018年11月6日(熊本・熊本市民会館)

7. キラルビスチオウレア触媒を用いた炭素求核種のニトロオレフィンへの不斉Michael付加反応
吉田圭佑、〇新海百花、武田紗和、北垣伸治
日本薬学会第139年会 2019年3月22日(千葉・幕張メッセ)

8. ピリジンN-オキシド塩酸塩による触媒的脱シリル化反応の開発
吉田圭佑、〇佐野恭平、田辺雄也、北垣伸治
日本薬学会第139年会 2019年3月22日(千葉・幕張メッセ)

原著論文

1. Ken-ichi Takao, Kento Mori, Kenya Kasuga, Ryuki Nanamiya, Ayumi Namba, Yuuki Fukushima, Ryuichi Nemoto, Takuma Mogi, Hiroyuki Yasui, Akihiro Ogura, Keisuke Yoshida, Kin-ichi Tadano,
Total synthesis of Clavilactones
The Journal of Organic Chemistry, 83, 7060-7075, (2018)

2. Shinji Kitagaki, Shunsuke Murata, Kisaki Asaoka, Kenta Sugisaka, Chisato Mukai,
Naoko Takenaga, Keisuke Yoshida,
Planar chiral [2.2]paracyclophane-based bisoxazoline ligands: design, synthesis, and use in Cu-catalyzed inter-and intra-molecular asymmetric O-H insertion reactions,
Chem. Pharm. Bull. 66, 1006-1014 (2018)

3. Keisuke Yoshida, Yuta Fujino, Yusei Takamatsu, Kohei Matsui, Akihiro Ogura, Yuri Fukami, Shinji Kitagaki, Ken-ichi Takao,
Enantioselective Total synthesis of (-)-Misramine,
Organic Letters, 20, 5044-5047 (2018)

4. Tatsuki Nakajima, Keita Takiguchi, Keisuke Yoshida, Akihiro Ogura, Ken-ichi Takao,
STUDIES TOWARD THE SYNTHESIS OF PERFORATUMONE: SYNTHESIS OF THE 7-OXABICYCLO[4.2.1]NONANE-8,9-DIONE CORE,
Heterocycles, accepted DOI: 10.3987/COM-18-S(F)31



ページトップへ