研究紹介

薬化学研究室では下記の研究を行なっております。

主な研究テーマ

・化学反応に対する新規な高性能触媒の開発
・天然物合成を指向した多成分連結反応及びone-pot合成法の開発

研究内容紹介

・生体内で働く酵素のように、化学反応において欲しいものだけをつくる高性能な触媒を開発することができれば、医薬品や医薬品候補化合物を供給する際に有用であり、創薬に大きく貢献できます。化学反応及びその基質の種類は多岐にわたるため、すべての反応に有効な万能触媒は存在しません。ここでは、既存の触媒とは基本骨格が異なる未開拓のキラル小分子に着目し、その不斉源を活かして、既存の触媒では実現困難な高効率化学変換を実現する触媒の開発を目指します。理想は、触媒活性を持つ官能基を反応の種類に応じて付け替えるだけで、あらゆる反応を優れた反応性・選択性で触媒するキラル小分子を見出すことです。
・複雑な構造を有する天然物や生理活性物質を、グリーン・サステイナブルケミストリーに基づいて合成するためには、反応工程数の低減及び後処理操作の簡素化につながる技術開発が必要です。その一環として、複数の結合生成が連続的に進行する多成分連結反応やone-pot反応を設計し実現することを研究テーマとしています。

ページトップへ