研究紹介

本研究室は、初代田中哲之助教授が着任された昭和29年(薬学部創立)に発足した名城大学薬学部では最も古い研究室です。

主な研究テーマ

  1. アスペルギルス属真菌感染症
  2. 非結核性抗酸菌感染症
  3. サルモネラ菌の病原遺伝子の解析
  4. 蛇毒の生理活性物質
  5. 低温大気圧プラズマの医療・衛生分野における利用

研究内容紹介

1.アスペルギルス属真菌感染症に関する研究

アスペルギルス属真菌による呼吸器感染症は、日和見感染症、抗菌薬投与による菌交代症などにより起こります。当研究室ではアスペルギルス属真菌が産生するエラスターゼに注目し、その病原性の解明と、肺アスペルギルス症患者の治療法の開発を行う目的で、研究を行っています。

2.非結核性抗酸菌感染症に関する研究

結核菌やらい菌以外の抗酸菌を非結核性抗酸菌といいますが、現在この菌による感染症が中高年女性を中心に急増し社会問題となっています。しかし、感染源や感染経路、また治療を行っても再び悪化することなど未だ不明な点が多い感染症です。そこで、国立病院機構 東名古屋病院との共同研究により、患者さんから得られた分離菌を遺伝学的な手法を用いて解析することにより、より良い治療法の確立を目指して研究を行っています。

3.サルモネラ菌の病原遺伝子の解析

我が国における細菌性食中毒の代表的なものに、サルモネラ感染症があります。この食中毒では下痢や発熱が認められ、時に死亡例もみられます。また、全身感染を引き起こすチフス症においてはワクチンがなく、さらに多剤耐性を獲得したサルモネラが出現し、衛生環境の悪い国々においては大きな社会問題となっています。サルモネラ菌の病原遺伝子の機能を解明することにより、多剤耐性化が問題になっているサルモネラ感染症に対して新たな薬物治療法の確立を目指しています。

4.蛇毒の生理活性物質に関する研究

毒蛇に咬まれることは皆さんにはほとんど関係のないことですが、毒蛇咬傷は東南アジア、アフリカ、南北アメリカそしてヨーロッパにおいては大きな社会問題になっています。そこで咬傷により引き起こされる致死、出血、壊死、血圧降下、血液凝固異常などの作用がどのような因子によるものかを調べ、治療法の開発などに役立てるため、それら因子についてタンパク質化学的(構造と機能)、病理学的及び薬理学的研究を行っています。また蛇毒から得られた生理活性物質からは、血圧降下剤、血栓溶解剤などの医薬品や血友病の検査薬などが作られているため、研究で得られた様々なデータを基に、新規の医薬品等の開発に繋げることを目指した研究も行っています。

5.低温大気圧プラズマの医療・衛生分野における利用に関する研究

低温大気圧プラズマは近年、様々な分野で利用されるようになっています。当研究室では、低温大気圧プラズマの照射が微生物や代謝産物などに与える影響について検討し、医療分野や環境浄化などにおける実用化を目指した研究を行っています。

ページトップへ