研究業績

2022年度

原著論文

Tomoki Nakayoshi, Koichi Kato, Eiji Kurimoto, Yu Takano, Akifumi Oda
Predicting reaction mechanisms for the threonine-residue stereoinversion catalyzed by a dihydrogen phosphate ion
ACS Omega, 7, 18306–18314 (2022).

仲吉朝希、加藤紘一、栗本英治、高橋央宜、小田彰史
アスパラギン酸残基のスクシンイミド形成機構の解析 -ペプチド結合のイミノール化を伴わない反応機構の探索-
名城大学総合研究所総合学術研究論文集, in press.

ページトップへ