研究業績

2019年度

学会報告

Kumondai M, Ito A, Saito T, Saito S, Yasuda J, Nagasaki M, Kinoshita K, Yamamoto M, Oda A, Hirasawa N, Hiratsuka M
Functional characterization of 11 allelic variants of CYP2C9 identified in 3554 Japanese individuals
International Conferences on Cytochrome P450 (Brisbane, Australia) 令和元年6月23日-27日

土田華奈子、今井麻由奈、青木由華、小田彰史、栗本英治
ヒト20Sプロテアソームのαサブユニットを用いたヘテロリングの設計と応用
第65回日本薬学会東海支部大会(名古屋)令和元年7月6日

秋田美乃里、小田彰史、栗本英治
20SプロテアソームαサブユニットのC末端領域に存在する電荷に富む配列の機能解析
第65回日本薬学会東海支部大会(名古屋)令和元年7月6日

名倉鮎香、仲吉朝希、加藤紘一、平塚真弘、栗本英治、小田彰史
分子動力学シミュレーションによる野生型および変異型ジヒドロピリミジナーゼの構造解析
第65回日本薬学会東海支部大会(名古屋)令和元年7月6日

野田奈津子、仲吉朝希、加藤紘一、森部聖士、栗本英治、小田彰史
D-アミノ酸とL-アミノ酸が混在する原始タンパク質の構造的特徴
第65回日本薬学会東海支部大会(名古屋)令和元年7月6日

山本和哉、仲吉朝希、栗本英治、小田彰史
様々な量子化学計算手法によって得られたセレノシステインの立体構造の比較
第65回日本薬学会東海支部大会(名古屋)令和元年7月6日

鰐田皓太、仲吉朝希、加藤紘一、栗本英治、小田彰史
酢酸触媒によるアスパラギン残基の非酵素的脱アミド化機構の検討
第65回日本薬学会東海支部大会(名古屋)令和元年7月6日

仲吉朝希、加藤紘一、栗本英治、小田彰史
αA-クリスタリンペプチドの立体配座がアスパラギン酸残基の異性化速度に及ぼす影響についての計算化学的研究
第65回日本薬学会東海支部大会(名古屋)令和元年7月6日

Tomoki Nakayoshi, Koichi Kato, Ohgi Takahashi, Eiji Kurimoto, Akifumi Oda
Computational studies on nonenzymatic succinimide-formation mechanisms of the aspartic acid residues catalyzed by two water molecules
The 4th International Conference of D-Amino Acid Research(Tokyo)令和元年9月10-13日

Koichi Kato, Kaho Miura, Tomoki Nakayoshi, Kikuo Tsukamoto, Eiji Kurimoto, Akifumi Oda
Effects of main chain conformations on succinimide formation from asparagine residues
The 4th International Conference of D-Amino Acid Research(Tokyo)令和元年9月10-13日

Tomoki Nakayoshi, Koichi Kato, Eiji Kurimoto, Akifumi Oda
Influence of the conformations of alpha A-crystallin peptides on the isomerization rates of aspartic acid residues
The 4th International Conference of D-Amino Acid Research(Tokyo)令和元年9月10-13日

仲吉朝希、加藤紘一、松浦絵梨、平塚真弘、栗本英治、小田彰史
分子動力学シミュレーションによるCYP2C8変異体の立体構造解析
日本コンピュータ化学会2019秋季年会(広島)令和元年10月25日

加藤紘一、仲吉朝希、栗本英治、小田彰史
グルコースにおけるシッフ塩基形成機構の量子化学計算による解析
第29回日本メイラード学会年会(仙台)令和元年10月26日

仲吉朝希、加藤紘一、栗本英治、小田彰史
タンパク質中システイン残基の非酵素的スクシニル化の反応機構解析
第29回日本メイラード学会年会(仙台)令和元年10月27日

Evelyn Gutiérrez Rico, Aoi Kikuchi, Takahiro Saito, Masaki Kumondai, Eiji Hishinuma, Akira Kaneko, Chim Wai Chan, Jesse Gitaka, Tomoki Nakayoshi, Akifumi Oda, Sakae Saito, Noriyasu Hirasawa, Masahiro Hiratsuka
CYP2D6 genotyping and functional characterization of novel allelic variants in a Ni-Vanuatu and Kenyan population by assessing dextromethorphan O-demethylation activity
日本薬物動態学会第34年会(Tsukuba)令和元年12月9日-12日

加藤紘一、仲吉朝希、栗本英治、小田彰史
アスパラギン残基の非酵素的な脱アミド化機構における主鎖構造および触媒分子の影響
第47回構造活性相関シンポジウム(熊本)令和元年12月12日

仲吉朝希、加藤紘一、高橋央宜、栗本英治、小田彰史
水2分子の触媒するアスパラギン酸残基のスクシンイミド形成機構の解析
第47回構造活性相関シンポジウム(熊本)令和元年12月12日

藤垣英嗣、吉田幸弘、加藤紘一、小田彰史、山本康子、鍋島俊隆、齋藤邦明
グリチルリチン酸とその類似体はキヌレニンアミノトランスフェラーゼ2活性を阻害する
日本トリプトファン研究会第39回学術集会(松戸)令和元年12月15日

Tomoki Nakayoshi, Kota Wanita, Koichi Kato, Eiji Kurimoto, Akifumi Oda
Computational Analysis on Deamidation Mechanisms of Asparagine Residues Catalyzed by Acetic Acid
60th Sanibel Symposium (St. Simons Island, USA) 令和2年2月18日

加藤紘一、仲吉朝希、栗本英治、小田彰史
コイルドコイル疎水面への酸性アミノ酸残基導入による会合変換のpH依存性改変
日本薬学会第140年会(京都)令和2年3月27日

仲吉朝希、加藤紘一、高橋央宜、栗本英治、小田彰史
イミノール体を介するアスパラギン酸残基のスクシンイミド形成機構:無機リン酸化学種による触媒機構の探索
日本薬学会第140年会(京都)令和2年3月27日

三浦可帆、加藤紘一、仲吉朝希、栗本英治、小田彰史、塚本喜久雄
アスパラギン残基の脱アミド化反応機構とその主鎖構造が反応に及ぼす影響の計算化学的手法による解析
日本薬学会第140年会(京都)令和2年3月27日

日置翔、仲吉朝希、加藤紘一、平塚真弘、栗本英治、小田彰史
分子動力学シミュレーションによる野生型および変異型CYP2A13の立体構造の推定
日本薬学会第140年会(京都)令和2年3月28日

小柳津良太、仲吉朝希、加藤紘一、栗本英治、小田彰史
原始タンパク質への構成アミノ酸種の追加がタンパク質立体構造に与える影響の計算化学的検討
日本薬学会第140年会(京都)令和2年3月28日

中野裕二朗、仲吉朝希、加藤紘一、深見達基、中島美紀、栗本英治、小田彰史
ヒトおよびイヌのカルボキシルエステラーゼ2の分子動力学シミュレーション
日本薬学会第140年会(京都)令和2年3月28日

田口諒、仲吉朝希、加藤紘一、栗本英治、小田彰史
アスパラギン酸残基の非酵素的なペプチド結合切断機構の量子化学計算による解析
日本薬学会第140年会(京都)令和2年3月28日

金井涼、加藤紘一、仲吉朝希、太田公規、遠藤泰之、栗本英治、小田彰史
アンドロゲン受容体とカルボラン誘導体との複合体の分子動力学シミュレーション
日本薬学会第140年会(京都)令和2年3月28日

原著論文

Tomoki Nakayoshi, Koichi Kato, Eiji Kurimoto, Akifumi Oda
Possible mechanisms of nonenzymatic formation of dehydroalanine-residue catalyzed by dihydrogen phosphate ion
J. Phys. Chem. B, 123, 3147-3155 (2019).

Tadashi Satoh, Maho Yagi-Utsumi, Kenta Okamoto, Eiji Kurimoto, Keiji Tanaka, Koichi Kato
Molecular and structural basis of the proteasome α subunit assembly mechanism mediated by the proteasome-assembling chaperone PAC3-PAC4 heterodimer
Int. J. Mol. Sci., 20, 2231 (2019).

Taichiro Sekiguchi, Tadashi Satoh, Eiji Kurimoto, Chihong Song, Toshiya Kozai, Hiroki Watanabe, Kentaro Ishii, Hirokazu Yagi, Saeko Yanaka, Susumu Uchiyama, Takayuki Uchihashi, Kazuyoshi Murata, Koichi Kato
Mutational and combinatorial control of self-assembling and disassembling of human proteasome α subunits
Int. J. Mol. Sci., 20, 2308 (2019).

Tomoki Nakayoshi, Shuichi Fukuyoshi, Koichi Kato, Eiji Kurimoto, Akifumi Oda
Computational studies on water-catalyzed mechanisms for stereoinversion of glutarimide intermediates formed from glutamic acid residues in aqueous phase
Int. J. Mol. Sci., 20, 2410 (2019).

Yukihiro Yoshida, Hidetsugu Fujigaki, Koichi Kato, Kyoka Yamazaki, Suwako Fujigaki, Kazuo Kunisawa, Yasuko Yamamoto, Akihiro Mouri, Akifumi Oda, Toshitaka Nabeshima, Kuniaki Saito
Selective and competitive inhibition of kynurenine aminotransferase 2 by glycyrrhizic acid and its analogues
Sci. Rep., 9, 10243 (2019).

Kiminori Ohta, Takumi Ogawa, Koichi Kato, Akifumi Oda, Yasuyuki Endo
ER subtype selectivity of m-carborane-containing phenols: C-alkyl groups on the m-carborane cage enhance ERα selectivity
Bioorg. Med. Chem. Lett., 29, 2290-2293 (2019).

Akifumi Oda, Tomoki Nakayoshi, Koichi Kato, Shuichi Fukuyoshi, Eiji Kurimoto
Three dimensional structures of putative, primitive proteins to investigate the origin of homochirality
Sci. Rep., 9, 11594 (2019).

Shin Kanamasa, Daiki Yamaguchi, Chiyoko Machida, Tsukasa Fujimoto, Anna Takahashi, Masataka Murase, Shuichi Fukuyoshi, Akifumi Oda, Kenji Satou, Hiro Takahashi
Draft genome sequence of Saccharomyces cerevisiae strain Pf-1, isolated from Prunus mume
Microbiol. Resour. Announc., 8, e01169-19 (2019).

Shin Kanamasa, Tomoyuki Minami, Mitsuyasu Okabe, Enoch Y. Park, Tsukasa Fujimoto, Anna Takahashi, Masataka Murase, Shuichi Fukuyoshi, Akifumi Oda, Kenji Satou, Hiro Takahashi
Draft genome sequence of Aspergillus terreus high-itaconic-acid-productivity mutant TN-484
Microbiol. Resour. Announc., 8, e01170-19 (2019).

仲吉朝希、加藤紘一、福吉修一、栗本英治、小田彰史
スクシンイミドおよびグルタルイミド構造に対する古典的分子力場パラメータの評価
名城大学総合研究所総合学術研究論文集, 18, 19-28 (2019).

Evelyn Gutiérrez, Aoi Kikuchi, Takahiro Saito, Masaki Kumondai, Eiji Hishinuma, Akira Kaneko, Chim Chan, Jesse Gitaka, Tomoki Nakayoshi, Akifumi Oda, Sakae Saito, Noriyasu Hirasawa, Masahiro Hiratsuka
CYP2D6 genotyping analysis and functional characterization of novel allelic variants in a Ni-Vanuatu and Kenyan population by assessing dextromethorphan O-demethylation activity.
Drug Metab. Pharmacokinet., 35, 89-101 (2020).

ページトップへ