研究業績

2016年

学会報告

浮貝真子、後藤 綾、河合早紀、中山美鈴、會田 諒、吉見 陽、野田幸裕
薬学生による高齢者向けくすり教室:地域医療を理解・実践できる薬学生の育成を目指して
第10回日本ファーマシューティカルコミニュケーション学会(名古屋)平成28年5月29日

山田未知、末松三奈、曾田信子、山内恵子、阿部恵子、安井浩樹、野田幸裕、亀井浩行、半谷眞七子
糖尿病IPEプログラムが医療系学生に及ぼす影響
第10回日本ファーマシューティカルコミニュケーション学会(名古屋)平成28年5月29日

北川航平、宇野準二、本多智子、志田雅彦、黒沢雅広、谷藤弘淳、髙橋結花、加藤 剛、長谷川毅、中川将人、宮原佳希、梅田賢太、柴田木綿、三輪高市、髙田憲一、天正雅美、野田幸裕、吉尾 隆
統合失調症患者の薬物療法に関する処方実態調査(2015年)~ 全国131施設の調査から~ その1
第112回日本精神神経学会学術総会 (千葉)平成28年6月4日

本多智子、宇野準二、志田雅彦、黒沢雅広、谷藤弘淳、加藤 剛、高橋結花、長谷川毅、中川将人、宮原佳希、梅田賢太、北川航平、柴田木綿、髙田憲一、三輪高市、天正雅美、野田幸裕、吉尾 隆
統合失調症患者の薬物療法に関する処方実態調査(2015年)~ 全国131施設の調査から~ その2
第112回日本精神神経学会学術総会 (千葉)平成28年6月4日

近藤麻生、毛利彰宏、木村真理、柳本佳南、椿井 朋、後藤 綾、肥田裕丈、德倉達也、木村宏之、岩本邦弘、阪野正大、河野直子、吉見 陽、伊藤幹子、栗田賢一、尾崎紀夫、鍋島俊隆、野田幸裕
口腔内慢性疼痛疾患患者の末梢血中におけるユビキチン化セロトニントランスポーターの発現変化
第24回クリニカルファーマシーシンポジウム 医療薬学フォーラム2016(滋賀)平成28年6月25日

河合早紀、後藤 綾、渥美 佑、椿井 朋、毛利彰宏、野田幸裕
2型糖尿病外来患者における経口血糖降下薬の服薬および薬識・病識の状況:薬剤師介入による影響
第24回クリニカルファーマシーシンポジウム 医療薬学フォーラム2016(滋賀)平成28年6月25日

宇野準二、加藤 剛、梅田賢太、高田憲一、三輪高市、野田幸裕、天正雅美、吉尾 隆
抗うつ薬を服用している外来の気分障害患者における薬物療法の効果と副作用に関する調査
第46回日本神経精神薬理学会年会(Seoul, Korea)平成28年7月2日

Sho Hasegawa, Yuriko Miyake, Akira Yoshimi, Hirotake Hida, Akihiro Mouri, Kiyofumi Yamada, Norio Ozaki, Toshitaka Nabeshima, Yukihiro Noda
A strategy for treating in deficits of social behaviors induced by exposure to social defeat stress as juveniles
30th CINP World Congress of Neuropsychopharmacology(Seoul, Korea)平成28年7月3日

Takahiro Ito, Hirotake Hida, Fumiya Yamamoto, Sho Hasegawa, Akihiro Mouri, Norio Ozaki, Yukihiro Noda
Changes of serotonergic functions are mediated via metabolic control of serotonin transporter in stressed mice
30th CINP World Congress of Neuropsychopharmacology(Seoul, Korea)平成28年7月3日

Yukihiro Noda, Akihiro Mouri, Akira Yoshimi, Sho Hasegawa, Takahiro Ito, Hirotake Hida, Kiyofumi Yamada, Toshitaka Nabeshima, Norio Ozaki
Social defeat stress as juveniles impairs persistent social behaviors and neurogenesis
30th CINP World Congress of Neuropsychopharmacology(Seoul, Korea)平成28年7月4日

Aya Goto, Akihiro Mouri, Tomoko Nagai, Mako Ukigai, Tomomi Tsubai, Hirotake Hida, Norio Ozaki, Yukihiro Noda
Histamine H4 receptor is involved in clozapine—induced hematopoietic toxicity: vulnerability under granulocytic differentiation of HL–60 cells
30th CINP World Congress of Neuropsychopharmacology(Seoul, Korea)平成28年7月4日

Aya Goto, Masayuki Miyazaki, Akira Yoshimi, Kiyofumi Yamada, Toshimitsu Niwa, Yoshinori Hasegawa, Yukihiro Noda
Analysis of genotype frequencies for polymorphisms related to CINV in Japanese population
16th Asian Conference on Clinical Pharmacy(Seoul, Korea)平成28年7月15日

Yukihiro Noda, Aya Goto, Akira Yoshimi
Symposium 12 Personalized medicine: candidate gene polymorphisms predicting individual sensitivity to oxycodone
16th Asian Conference on Clinical Pharmacy(Seoul, Korea)平成28年7月16日

橋詰 勉、入江徹美、木内祐二、野田幸裕、岡村 昇、木津純子、宮崎 智、山元 弘
2015年度薬学共用試験OSCE報告
第48回日本医学教育学会(大阪)平成28年7月30日

野田幸裕、肥田裕丈、吉見 陽
シンポジウム1 神経精神疾患関連因子の機能解析と臨床応用:基礎・臨床研究からのアプローチ
第18回応用薬理シンポジウム(名古屋)平成28年8月5日

成瀬 亮、肥田裕丈、竹内佐織、北垣伸治、吉見 陽、野田幸裕
統合失調症様モデル動物に認められる社会性行動障害におけるドパミンD3受容体の役割
第18回応用薬理シンポジウム(名古屋)平成28年8月5日

竹内佐織、肥田裕丈、森健太郎、北垣伸治、吉見 陽、野田幸裕
新生仔期の炎症性メディエーターと若齢期の乱用薬物の複合負荷が精神機能に与える影響
第18回応用薬理シンポジウム(名古屋)平成28年8月5日

内田美月、肥田裕丈、森健太郎、北垣伸治、尾崎紀夫、田中光一、吉見 陽、野田幸裕
フェンシクリジン連続投与によって惹起される精神行動異常におけるグルタミン酸輸送体の役割
第18回応用薬理シンポジウム(名古屋)平成28年8月5日

吉見 陽、野田幸裕、尾崎紀夫
シンポジウム6 精神疾患の発症脆弱性に関わるバイオマーカーの探索
第18回応用薬理シンポジウム(名古屋)平成28年8月6日

亀井浩行、野田幸裕、山田清文、鍋島俊隆
シンポジウム6 抗ヒスタミンとインペアード・パフォーマンス
第18回応用薬理シンポジウム(名古屋)平成28年8月6日

吉見 陽、半谷眞七子、後藤 綾、末松三奈、阿部恵子、安井浩樹、亀井浩行、野田幸裕
チーム医療を支える多職種連携教育(Interprofessional Education & Practice:IPEP)-医薬連携による模擬患者参加型IPEP-
第1回日本薬学教育学会大会(京都)平成28年8月28日

伊東亜紀雄、黒野俊介、守屋友加、山田重行、野田幸裕、亀井浩行、半谷眞七子、福井愛子、長谷川洋一
実務実習中に学生が感じた大学での授業内容と現場との乖離
第1回日本薬学教育学会大会(京都)平成28年8月28日

岡村 昇、橋詰 勉、入江徹美、木内祐二、野田幸裕、石田志朗、木津純子、田村 豊、富岡佳久、中嶋幹郎、松下 良、松元一明、吉富博則、山元 弘
薬学教育モデル・コアカリキュラム改訂に伴う新規 OSCE 課題の作成
第1回日本薬学教育学会大会(京都)平成28年8月28日

久島 周、Aleksic Branko、中杤昌弘、島村徹平、椎野智子、吉見 陽、木村大樹、高崎悠登、Chen–Yao Wang、Jingrui Xing、石塚佳奈子、大矢友子、岡田 俊、山本敏充、新井 誠、糸川昌成、Chia–Hsiang Chen、 鈴木道雄、高橋 努、橋本亮太、渡部雄一郎、染矢俊幸、池田匡志、岩田仲生、吉川武男、沼田周助、大森哲郎、國本正子、森 大輔、尾崎紀夫
統合失調症の高解像度ゲノムコピー数変異解析
第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会大会合同年会(福岡)平成28年9月8日

野田幸裕
ランチョンセミナー6 前頭前皮質ドパミンD3受容体を介するブロナンセリンの認知機能の調節:統合失調症様モデル動物を用いた検討
第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会大会合同年会(福岡)平成28年9月9日

野田幸裕
シンポジウム2 事前学習の準備状況:全国薬系大学からのアンケート調査
第26回日本医療薬学会年会(京都)平成28年9月17日

後藤 綾、大口裕美、浮貝真子、吉見 陽、宮崎雅之、山田清文、長谷川好規、伊藤 理、橋本直純、野田幸裕
薬剤師による吸入療法指導が慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者の症状や肺機能に与える影響
第26回日本医療薬学会年会(京都)平成28年9月17日

岩井 茜、岩田未来、宮崎雅之、椿井 朋、吉見 陽、山田清文、石井 晃、安藤雄一、野田幸裕
がん疼痛患者におけるオキシコドン応答性とオキシコドン及びその代謝物の血中濃度との関連性
第26回日本医療薬学会年会(京都)平成28年9月17日

野田幸裕
シンポジウム33 医薬連携による多職種連携教育(Interprofessional education & Practice:IPEP):趣旨説明
第26回日本医療薬学会年会(京都)平成28年9月18日

半谷眞七子、亀井浩行、野田幸裕
シンポジウム33 高齢化社会を見据えた WEB キャンパスを活用した IPEP の実践(Interprofessional education & Practice:IPEP):趣旨説明
第26回日本医療薬学会年会(京都)平成28年9月18日

福井愛子、半谷眞七子、吉見 陽、守屋友加、伊東亜紀雄、黒野俊介、山田重行、斎藤寛子、脇田康志、早川伸樹、長谷川洋一、野田幸裕、亀井浩行
学部 4 年生の 6 年生アドバンスト臨床実習生による症例検討会への参加により培われる臨床能力について
第26回日本医療薬学会年会(京都)平成28年9月19日

後藤咲香、山田將玖郎、吉見 陽、肥田裕丈、北垣伸治、久島 周、尾崎紀夫、野田幸裕
フェンシクリジン連続投与による精神行動異常におけるニコチン性アセチルコリン受容体サブユニットの関与
第51回日本アルコール・アディクション医学会学術総会(東京)平成28年10月7日

柳本佳南、後藤 綾、吉見 陽、鍋島俊隆、野田幸裕
ノンアルコール飲料に関する児童へのアンケート調査
第49回日本薬剤師会学術大会(名古屋)平成28年10月10日

Hiroki Yasui, Keiko Abe, Mina Suematsu, Yukihiro Noda, Etsuko Fuchita
Interprofessional education program focusing on smoking cessation assistance with SPs
The 1st ASPE Asian Pacific conference(Singapore, Singapore)平成28年11月19日

向山直樹、中島麻梨絵、瀬戸愛花、宮村耕一
急性骨髄性白血病(AML)に対するがん化学療法に続発した発熱性好中球減少症の初期治療薬に関する状況調査
第64回日本化学療法学会西日本支部総会(沖縄)平成28年11月26日

Mizuki Uchida, Hirotake Hida, Kentaro Mori, Shinji Kitagaki, Norio Ozaki, Kohichi Tanaka, Akira Yoshimi, Yukihiro Noda
Functional roles of glial glutamate transporter in psychobehavioral abnormalities of mice administered phencyclidine repeatedly
第90回日本薬理学会年会(長崎)平成29年3月15日

Saori Takeuchi, Hirotake Hida, Kentaro Mori, Shinji Kitagaki, Akira Yoshimi, Yukihiro Noda
Psychobehavioral abnormalities developed by combined administration of a neonatal prostaglandin E2 with an adolescent phencyclidine
第90回日本薬理学会年会(長崎)平成29年3月15日

岩田未来、後藤 綾、太田美里、田中理子、宮崎雅之、山田清文、吉見 陽、野田幸裕
シスプラチンベースのがん化学療法に伴う消化器症状を軽減した最適な治療法に関する調査
日本薬学会第137年会(仙台)平成29年3月26日

加藤奈波、後藤 綾、市川和哉、宮崎雅之、松岡史華、髙木修平、岡本誉士典、神野透人、山田清文、吉見 陽、野田幸裕
がん化学療法に伴う消化器症状の発現におけるセロトニン関連分子の関連性
日本薬学会第137年会(仙台)平成29年3月26日

飯田耕太郎、野田幸裕
チーム基盤型学習(Team—Based Learning:TBL)の 1 年次「薬剤師の使命Ⅰ」への導入
日本薬学会第137年会(仙台)平成29年3月26日

富岡佳久、岡村 昇、橋詰 勉、入江徹美、野田幸裕、有田悦子、石田志朗、木内祐二、木津純子、田村 豊、中嶋幹郎、松下 良、松元一明、吉冨博則、宮崎 智、伊藤智夫、奥 直人
薬学共用試験 OSCE の結果解析– 2016 –
日本薬学会第137年会(仙台)平成29年3月26日

原著論文

野田幸裕、天正雅美、宇野準二、黒沢雅広、高橋結花、加藤 剛、中川将人、宮原佳希、本多智子、三輪高市、柴田木綿、吉尾 隆
統合失調症入院患者の薬物療法に関する処方実態調査(2011年):全国149施設の調査から(前年度追加分)
日本社会精神医学会雑誌,24,349–359(2015)

野田幸裕、矢野育子、青山隆夫、渡邊美智留、今田愛也、 中村 均、松下 良、森田邦彦、三宅勝志、瀬尾 量、上村直樹、富岡佳久、木津純子、望月眞弓
薬学臨床系教員の現状に関するアンケート調査:第2報(前年度追加分)
医療薬学 ,41,223–235(2015)

山田未知、末松三奈、曾田信子、山内恵子、阿部恵子、安井浩樹、野田幸裕、亀井浩行、半谷眞七子
医・薬・看護・栄養学生による糖尿病教室が学生のチーム医療に対する認識に及ぼす影響
保健医療福祉連携,9,2–11(2016)

河合早紀、後藤 綾、渥美 佑、椿井 朋、毛利彰宏、吉見 陽、野田幸裕
2型糖尿病外来患者における経口血糖降下薬の服薬状況および薬識・病識に関する調査と薬剤師の介入
愛知県病院薬剤師会雑誌,44,5–10(2016)

中村あゆみ、惠谷里奈、福井愛子、向山直樹、兼松哲史、冨田敦和、宮澤憲治、森 章哉、田中佑佳、羽田勝彦、池田義明、加藤知次、永井宏和
ボルテゾミブ投与を受けた多発性骨髄腫患者に対する帯状疱疹発症予防についての検討;多施設後方視的研究
医療薬学 ,42,295–302(2016)

Aya Goto, Haruka Kotani, Masayuki Miyazaki, Kiyofumi Yamada, Kazuhiro Ishikawa, Yasuhiko Shimoyama, Toshimitsu Niwa, Yoshinori Hasegawa, Yukihiro Noda
Genotype frequencies for polymorphisms related to chemotherapy—induced nausea and vomiting in a Japanese population
J. Pharm. Health Care Sci.,2,10.1186/s40780–016–0049–4(2016)

Jingrui Xing, Hiroki Kimura, Chenyao Wang, Kanako Ishizuka, Itaru Kushima, Yuko Arioka, Akira Yoshimi, Yukako Nakamura, Tomoko Shiino, Tomoko Oya–Ito, Yuto Takasaki, Yota Uno, Takashi Okada, Tetsuya Iidaka, Branko Aleksic, Daisuke Mori, Norio Ozaki
Resequencing and association analysis of six PSD–95–related genes as possible susceptibility genes for schizophrenia and autism spectrum disorders
Sci. Rep.,6,10.1038/srep27491(2016)

Aya Goto, Akihiro Mouri, Tomoko Nagai, Akira Yoshimi, Mako Ukigai, Tomomi Tsubai, Hirotake Hida, Norio Ozaki, Yukihiro Noda
Involvement of the histamine H4 receptor in clozapine—induced hematopoietic toxicity: vulnerability under granulocytic differentiation of HL–60 cells
Toxicol. Appl. Pharmacol.,306,8–16(2016)

Yuto Takasaki, Takayoshi Koide, Chenyao Wang, Hiroki Kimura, Jingrui Xing, Itaru Kushima, Kanako Ishizuka, Daisuke Mori, Mariko Sekiguchi, Masashi Ikeda, Miki Aizawa, Naoko Tsurumaru, Yoshimi Iwayama, Akira Yoshimi, Yuko Arioka, Mami Yoshida, Hiromi Noma, Tomoko Oya–Ito, Yukako Nakamura, Shohko Kunimoto, Branko Aleksic, Yota Uno, Takashi Okada, Hiroshi Ujike, Jun Egawa, Hitoshi Kuwabara, Toshiyuki Someya, Takeo Yoshikawa, Nakao Iwata, Norio Ozaki
Mutation screening of GRIN2B in schizophrenia and autism spectrum disorder in a Japanese population
Sci. Rep.,6, 10.1038/srep33311(2016)

Hiroshi Kato, Naoto Sassa, Masayuki Miyazaki, Mio Takeuchi, Miho Asai, Akane Iwai, Yukihiro Noda, Momokazu Gotoh, Kiyofumi Yamada
Association of axitinib plasma exposure and genetic polymorphisms of ABC transporters with axitinib—induced toxicities in patients with renal cell carcinoma
Cancer Chemother. Pharmacol.,78,855–862(2016)

Naoki Mukoyama, Akira Yoshimi, Aya Goto, Haruka Kotani, Kazuhiro Ishikawa, Noriko Miyazaki, Masayuki Miyazaki, Kiyofumi Yamada, Fumitaka Kikkawa, Yoshinori Hasegawa, Norio Ozaki, Yukihiro Noda
An analysis of behavioral and genetic risk factors for chemotherapy—induced nausea and vomiting in Japanese subjects
Biol. Pharm. Bull.,39,1852–1858(2016)

Tomomi Tsubai, Yukihiro Noda, Kazuma Ito, Makoto Nakao, Yusuke Seino, Yutaka Oiso, Yoji Hamada
Insulin elevates leptin secretion and mRNA levels via cyclic AMP in 3T3–L1 adipocytes deprived of glucose
Heliyon,2,e00194(2016)

Kanako Ishizuka, Hiroki Kimura, Akira Yoshimi, Masahiro Banno, Itaru Kushima, Yota Uno, Takashi Okada, Daisuke Mori, Branko Aleksic, Norio Ozaki
Investigation of single—nucleotide variants in MBD5 associated with autism spectrum disorders and schizophrenia phenotypes
Nagoya J. Med. Sci.,78,465—474(2016)

Naoki Mukoyama, Marie Nakashima, Koichi Miyamura, Akira Yoshimi, Yukihiro Noda, Kazuhiro Mori
Retrospective survey and evaluation of first—line antibiotics for chemotherapy—induced febrile neutropenia in patients with acute myeloid leukemia
Nagoya J. Med. Sci.,79,17–26(2017)

Tomomi Tsubai, Akira Yoshimi, Yoji Hamada, Makoto Nakao, Hiroshi Arima, Yutaka Oiso, Yukihiro Noda
Effects of clozapine on adipokine secretions/productions and lipid droplets in 3T3—L1 adipocytes
J. Pharmacol. Sci.,133,79–87(2017)

Itaru Kushima, Branko Aleksic, Masahiro Nakatochi, Teppei Shimamura, Tomoko Shiino, Akira Yoshimi, Hiroki Kimura, Yuto Takasaki, Chenyao Wang, Jingrui Xing, Kanako Ishizuka, Tomoko Oya—Ito, Yukako Nakamura, Yuko Arioka, Takuji Maeda, Maeri Yamamoto, Mami Yoshida, Hiromi Noma, Shuko Hamada, Mako Morikawa, Yota Uno, Takashi Okada, Tetsuya Iidaka, Shuji Iritani, Mitsuhiro Miyashita, Akiko Kobori, Makoto Arai, Masanari Itokawa, Min—Chih Cheng, Yang—An Chuang, Chia—Hsiang Chen, Michio Suzuki, Tsutomu Takahashi, Ryota Hashimoto, Hidenaga Yamamori, Yuka Yasuda, Yuichiro Watanabe, Ayako Nunokawa, Toshiyuki Someya, Masashi Ikeda, Nakao Iwata, Tomoko Toyota, Takeo Yoshikawa, Shusuke Numata, Tetsuro Ohmori, Shohko Kunimoto, Daisuke Mori, Norio Ozaki
High—resolution copy number variation analysis of schizophrenia in Japan
Mol. Psychiatry,22,430–440(2017)

著書

野田幸裕(共同編集、分担執筆)、吉見 陽(分担執筆)、毛利彰宏(分担執筆)
Ⅲ章疾患と薬物治療68熱性けいれん、77うつ病・躁うつ病、81薬物依存、82アルコール依存症
薬物治療学第6版(吉尾隆、野田幸裕ら編)、pp.503、pp.575–590、pp.615–621、pp.622–623、
南山堂、東京(平成29年3月)

ページトップへ