名城大学薬学部

名城大学薬学部

文字サイズ
入試関連

ホーム > 入試関連 > 薬学部アドミッションポリシー

薬学部アドミッションポリシー

名城大学薬学部は、以下に示す教育理念・教育目的にそった教育を行うことにより、豊かな人間性と倫理観にあふれる優れた薬剤師や、医療および生命科学の発展に貢献できる人材の養成をめざしています。入学者は本学の教育理念・教育目的をよく理解し、自らの勉学に真摯に取り組む学生であることが求められます。このことから、本学部のアドミッションポリシーを定め、入学者選抜の基本とします。

趣旨

21世紀に入り、超高齢化社会の訪れとともに、国民の健康に対する関心は極めて高くなりました。クスリの専門家としての薬剤師の役割はますます重要になり、基礎教育を充実してきた薬学教育に大幅な臨床教育を導入した薬学6年制になります。名城大学薬学部では、豊かな人間性と強い倫理観にあふれ、優れたコミュニケーション能力を持つ薬剤師の養成とともに、環境を守り、より健康で豊かな生活を送るために、積極的に医療人としての資質の向上や基礎研究の推進ができる人材の育成を目指しています。

名城大学薬学部の入学試験は、推薦(公募制、指定校)、一般入学試験(A方式、B方式、C方式、F方式)制度を実施しています。

教育理念

薬学の確かな知識、技能とともに、生命の尊さを知り、豊かな人間性と倫理観をもつ人材を養成し、人々の健康と福祉の向上に貢献します。

教育目的

  1. 患者中心の医療を実践するため、「くすりの専門家」として医療の質の向上に貢献できる高度な専門知識と臨床技能を有する薬剤師を養成します。
  2. 幅広い薬学の知識と技能に加え、特定の分野に深い専門性を有する薬剤師を養成します。
  3. 論理的思考力と科学的視点を有し、薬学および生命科学研究を推進できる医療人を養成します。
  4. 探究心と創造力を有し、薬剤師としての新しい職能の開拓・発展に寄与できる医療人を養成します。

アドミッションポリシー

薬学科は、学科の教育目標・人材養成目的を理解し、高等学校等における学習を通して、次のような資質・能力を身につけている人を受け入れます。

  1. 薬学部薬学科における広範かつ専門的な学問領域に対応できる高い基礎学力を高等学校等で修得している。
  2. 薬学部薬学科各教科の学修成果を薬学領域の発展に尽くす目的意識を持っている。
  3. 生涯にわたる学修姿勢と論理的思考を有し、新しい課題・問題に対応できる創造性や行動力を持って主体的に社会に貢献する意志がある。
  4. 豊かな人間性と協調性を有し、国際性とコミュニケーション能力を培い、将来医療人として活躍する意欲がある。

ページ
トップへ