名城大学薬学部

名城大学薬学部

文字サイズ
教育

ホーム > 社会活動 > 名城大学SP(模擬患者)研究会 > 活動内容

活動内容

平成24年度

(1) 練習会

  • ① 平成24年4月から平成25年12月の間に、講義、演習のための練習会を25回(1回2時間)開催し、同研究会に所属する模擬患者が参加しました。
  • ② 名古屋大学医学部で開催された第1回東海地区SP勉強会&交流会(平成25年2月16日)に、模擬患者3名、教員1名が参加しました。

(2) 教育支援内容

平成24年度開講された下記の講義・試験において、名城大学SP研究会に所属する模擬患者が参加し、教育の支援を行いました。

  • ① 薬学入門Ⅰ(1年次学生対象、参加模擬患者延べ4名)
  • ② 臨床コミュニケーション(3年次学生対象、参加模擬患者延べ2名)
  • ③ 実務実習事前講義・演習(4年次学生対象、参加模擬患者延べ51名)

平成23年度

(1) 練習会

  • ① 平成23年4月から平成24年12月の間に、講義、演習のための練習会を22回(1回2時間)開催し、同研究会に所属する模擬患者が参加しました。
  • ② 日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会ワークショップ(平成23年6月4、5日)に、模擬患者5名、教員3名が参加しました。
  • ③ 平成24年3月1日、6 日に、演技の上達を目指した練習会を開催し、13名の模擬患者が参加しました。
  • ④ 新規に模擬患者を募集し、10名が新人模擬患者講習会(平成24年2月25日から順次開催)を受講しました。

(2) 教育支援内容

平成23年度開講された下記の講義・試験において、名城大学SP研究会に所属する模擬患者が参加し、教育の支援を行いました。

  • ① 薬学入門Ⅰ(1年次学生対象、参加模擬患者延べ2名)
  • ② 臨床コミュニケーション(3年次学生対象、参加模擬患者延べ2名)
  • ③ 実務実習事前講義・演習(4年次学生対象、参加模擬患者延べ51名)
  • ④ OSCE(平成23年度薬学共用試験・4年次学生対象、参加模擬患者延べ22名)
  • ⑤ コミュニケーション学習会(3年次学生対象、参加模擬患者延べ13名)

平成22年度

(1) 練習会

平成22年4月から平成23年3月の間に、10回の練習会を開催し、同研究会に所属する模擬患者延べ100名が参加しました。

(2) 教育支援内容

平成22年度開講された下記の講義・試験において、名城大学SP研究会に所属する模擬患者が参加し、教育の支援を行いました。

  • ① 薬学入門Ⅰ(1年次学生対象、参加模擬患者延べ2名)
  • ② 臨床コミュニケーション(3年次学生対象、参加模擬患者延べ2名)
  • ③ 実務実習事前講義・演習(4年次学生対象、参加模擬患者延べ51名)
  • ④ OSCE(平成22年度薬学共用試験・4年次学生対象、参加模擬患者延べ22名)

平成19年度

平成18年度

  • 50名の学生が「薬学生のための模擬患者養成プログラム」を受講しました
  • 第4回名城大学大学院薬学研究科臨床薬学専攻臨床技能コースのOSCEに市民会員5名が参加しました
  • 第2回名城大学薬学部のOSCEに1、2年生42名、市民会員12名が参加しました。
  • 第3回名城大学臨床薬学教育臨床技能トレーニングプログラムコミュニケーションワークショップにおいて市民会員12名がSPとして参加しました。

ページ
トップへ