名城大学薬学部

名城大学薬学部

文字サイズ
概要

ホーム > 概要 > 薬学部6年制について

薬学部6年制について

平成18年4月から、薬学教育6年制化に伴い、それまでの「医療薬学科」と「薬学科」の2学科を統合し、「薬学科」の1学科になりました。
大学院薬学研究科は、修士課程が廃止され、4年制の薬学専攻博士課程になりました。
総合大学のメリットを活かし、大学院総合学術研究科修士課程(2年課程)、博士後期課程(3年課程)や法務研究科にも進学することが可能です。

薬学部6年制組織図

オープンキャンパス

入試情報

薬学教育6年制課程への移行について

平成18年度から薬学教育が6年制になりました。

医療技術の高度化、医薬分業の進展に伴い、高い資質を持つ薬剤師を養成するために、学校教育法が改正され(平成16年5月21日)、大学の薬学教育制度および薬剤師国家試験制度が変わり、薬学教育は学部の修業年限が4年から6年に延長されることになりました。この制度は平成18年4月の入学生から適用になりました。

薬学部6年間の流れ

ここがポイント!

  1. 4年次終了時点には、共用試験(全国共通の学力認定試験)が実施されます。
  2. 長期実務実習では、実際の患者さんに接し、医師や看護婦とのチーム医療の中で様々な薬物治療の実際を体験します。
  3. 6年間の一貫した薬学教育を履修し、卒業したものに薬剤師国家試験の受験資格が与えられます。

ページ
トップへ