名城大学薬学部

名城大学薬学部

文字サイズ
教育

ホーム > 教育 > CBT

CBT

薬学教育6年制においては、5年次実施の22週間の実務実習を受講するにあたり、4年修了時に「薬学の基礎知識」の習熟度を確認するテスト(CBT)が行われます。

このテストは、全国全ての薬学生を対象に実施される共用試験の一つで、CBT(Computer Based Testing)の名の通り日本薬学会作成の多肢選択式問題を、インターネットを介してコンピューターで解答する試験です。正答率60%以上を合格とします。

本学においては、平成27年1月14日、15日、八事新1号館マルチメディア教室にて、242名の学生がCBTを受験しました。

ページ
トップへ