名城大学薬学部

名城大学薬学部

文字サイズ
教育

ホーム > 教育 > 大学院薬学研究科

大学院薬学研究科

薬学研究科長挨拶(平松 正行 教授)

Rising つながりをチカラに 〜薬学研究科博士課程(4年制)修了生を輩出して〜

薬学研究科長 平松 正行

平成24年3月に、6年制薬学部の第一期生が卒業し、さらなる高度な教育・研究環境を提供するため、同年4月に、4年制の薬学研究科博士課程が開設されました。これまで旧4年制課程の薬学部において、卒業後2年間の修士課程およびその後3年間の博士後期課程において、世界的レベルの研究を推進するとともに、修士課程では、研究コース以外に、薬学専攻科を発展的に改組した臨床技能コースも設置し、日本における薬学研究、臨床薬学教育をリードしてきました。この従来の大学院教育を基盤に、4年制の薬学研究科は、「薬学領域における学術高度化に貢献でき、国民の健康維持・増進と医療の発展をより一層推進できる独創的で創造的な高い研究力、新しい職能を開拓できる高度な専門性と技術・指導力を兼ね備えた薬学のスペシャリストを養成」することを目的として設置され、4年を経過した2016年3月、8名の第一期修了生に学位、博士(薬学)が授与されました。

博士課程では、これまでの研究者養成の大学院教育というよりは、より臨床に近い観点から「研究マインドを持った、問題解決能力がある薬剤師養成」に主眼が置かれ、今後ますます重要となってくる、医師、薬剤師、看護師等との多職種連携の一端を担える、科学的視点からチーム医療を推進できる要の薬剤師としても期待されています。6年制を卒業した薬剤師よりも、博士の学位を持っている薬剤師は、より一目置かれる存在になり、医師からも期待をされる存在となります。それぞれの専門性を活かし、多彩な分野でのご活躍を期待します。

薬学専攻博士課程(4年制)

平成24年度開設

医療技術の高度化・多様化により、薬剤師に対する社会的要請が変化し、大きな転換期を迎えようとしています。医薬分業が進展し、医薬品の安全使用や薬害防止も薬剤師に求められる重要な責務となり、薬剤師が活躍する様々な分野で将来、中核的人材として力を発揮する指導者が必要とされています。またチーム医療や在宅医療が推進され、薬剤師の新しい職能開拓を推進する指導者の養成は必須の課題です。

このように薬剤師のニーズが変化する中、本学の薬学研究科では、将来にわたって国民の健康維持・増進に広く貢献できる薬学教育はもちろんのこと、昨今の環境リスク、食の安全などの社会問題も視野に入れ、医薬品のみならず、環境物質、食品など『化学物質の適正使用』を高度で科学的な視点から探求・推進することを研究教育目標として掲げています。

これまで本薬学研究科は、14,000人余りの薬剤師を輩出した学部62年の歴史とともに、東海地区における薬学教育・研究をリードしてきました。こうした教育・研究実績を基盤に各医療・研究機関や他大学研究科とネットワークを結び、地域医療に貢献できる高度な専門的知識能力を持つ指導的薬剤師の養成に力を注ぎます。さらに、創造性豊かなすぐれた研究・開発能力を持つ研究者の輩出を目指します。

薬学専攻博士後期課程

平成24年度より募集を停止しております。

ページ
トップへ